【ベイトフィネスよりパワーフィネス】パワーフィネスのメリットとおすすめタックル

スピニングリール

バス釣りにおいてフィネスといえば、ベイトフィネスとパワーフィネスが有名です。

バス釣りをしている人なら、必ず気になるこの2つで、どちらがどういいのか良くわからない方も多いのではないでしょうか?

この記事では、スピニングタックルで仕掛けるパワーフィネスのメリットと、ベイトフィネスとの違いについて説明します。 また、パワーフィネスにおすすめなリール、ロッドも紹介します。

パワーフィネスとは

まず、フィネスとは一般的に繊細な釣りのことを指します。

例えばノーシンカーでのワームやスモラバなどがその釣りに該当します。
このフィネスな釣りをスピニングタックルを使用し、ロッドをML(ミディアムライト)以上、ラインはPEラインを使って行うのが一般的なパワーフィネスになります。

このタックルでカバーやストラクチャーにタイトにアプローチし、バスを釣ることが可能になります。

パワーフィネスに使うロッド

パワーフィネスで使用するロッドはML(ミディアムライト)、M(ミディアム)、MH(ミディアムヘビー)、H(ヘビー)が多いです。

有名バスプロはMHクラスのロッドを使用していることも多いですが、最初はMLもしくはMクラスのロッドをおすすめします

MHは強くパワーがあるので、より主導権を握り一気にカバーからバスを引き離すことができますが、ロッドパワーが強すぎて、軽いルアーやワームを使用すると、イマイチ操作感が伝わりにくく、プロレベルでないと扱いにくなります

そこで、初めてパワーフィネスタックルを揃える方はMLぐらいから始めるのが良いでしょう。少しロッドパワーが弱いと感じるかもしれませんが、ルアーやワームの操作感も伝わりやすく、45cmクラスのバスであれば、カバーから強引に引き離すことも問題ありません。

ポイント

初めはMLまたはMクラスのロッドから始めることが大事!
MHクラスはプロレベルの腕がないと、扱いにくくなってしまいます。

パワーフィネスに使うリールとライン

使用するリールに関しては2000番台~2500番台の通常のバス釣りに利用するスピニングリールを準備すれば問題ありません。ただしギア比についてはハイギアを強くおすすめします

パワーフィネスではポイントを狙う釣りになるため、撃って回収の繰り返しになります。回収速度も早く、ラインの感覚も掴みやすいハイギアの方がパワーフィネスには適しています。

ラインに関しては、基本的にはPEラインを利用します。
PEライン以外を利用するケースもありますが、本来の魅力を引き出すためにはPEラインを利用するのが良いでしょう。

ラインの太さは大体12lbから16lbくらいを使うことが多いです。中には1号以上(20lb前後)を使用する方もいますが、太いラインだとトラブルも起きやすくなるので、初めのうちはMLクラスのロッドに対し12lbから16lb(0.6号、0.8号)くらいを選択するのが良いでしょう。

ポイント

リールサイズは2000番台~2500番台で良いが、ハイギアがおすすめ!
ラインはPEライン(0.6号、0.8号)がおすすめ

リーダーの必要性

ここで、PEラインを利用する際はリーダーと呼ばれるラインを使用することが大事です。PEラインは擦れに弱い特徴があるので、カバーと擦れたり、魚の歯による摩擦などで切れてしまうことがあります。

そのため、スレに強いフロロラインをリーダーとして使用します。

リーダーの長さは大体肩幅(60cmから90cm)くらいと覚えておくとやりやすいです。ラインブレイクにより悔しい思いをしないためにもリーダーは必ずつけておくことをおすすめします。

パワーフィネスで狙う場所

パワーフィネスのメリットを最大に生かした釣りがカバー撃ちです
カバーは手前から探っていき、奥まで攻めていきます。入らなそうだなと思っても、ウエイトを重くして奥の奥までキャストしてみてください。他の釣り人が入れないところこそチャンスです。

また、ちょっとしたゴミの下も見逃せません。他の人が狙えないところを狙うことで釣果をあげるのが作戦としては有効です。ベイトリールではバックラッシュしてしまうようなオーバーハングしているカバーをすり抜けてキャストする、カバーに当てながらキャストするなどもパワーフィネスならではの釣りだと思います。
他の人ができないことをするのがキーポイントになりそうですね。

ベイトフィネスとパワーフィネスはどちらがいいのか?

ここで、すでに人気な釣り方にベイトフィネスがありますが、どう違うのでしょうか?
ベイトタックルはこれまで、ハードルアーやテキサスリグなど重いシンカーを使用したリグでの使用が中心でした。

しかし、少し前からスピニングタックルで投げるようなライトルアーを投げられるようリールが進化しており「ベイトフィネス」という新たな釣り方が確立しました。

ひと昔前まではヘビーカバーにはヘビーリグでしたが、ベイトフィネスの登場でカバーをライトリグで攻めることができるようになりました。

ベイトフィネスのメリット・デメリット

ベイトフィネスのメリットは大きく2つだと思います。

1.スピニングより太いラインでライトリグを利用できる
2.ベイトリールならではの手返しの良さ

スピニングリールを使ったタックルではどうしても細いラインを利用することになり、立木やオーバーハングなどを安心してタイトに攻めることができませんでした。しかし、ベイトフィネスでは同じリグを太いラインで釣りができるため、スピニングの細いラインでは狙えなかったカバーの中を狙えるようになりました。

また、ベイトリールの特徴でもある、手返しの良さにより、点で狙った釣り方がハマり、スピニングタックル以上にキャスト回数が多く、精度が高い釣りができる点がベイトフィネスのメリットになります。

しかし、デメリットとして遠投性能が低い、トラブル発生率が高いなどがあり、最大のデメリットが、ベイトフィネス専用機が必要となってしまい、他への汎用性が低い点になります。

ベイトフィネスリールはシャロースプールを採用しているものがほとんどで、糸巻き量が少なくなっています。また、いくらライトリグを扱える専用機だからといっても、スピニングリールの軽いルアーを飛ばす性能には間違いなく劣ってしまいます。
専用機だからと言っても、ベイトフィネスは風の抵抗やカバー、ストラクチャーにかすったキャストではバックラッシュしてしまいます。

そして、ベイトフィネス専用リールはベイトフィネス専用でしか使えないのが最大のデメリットです。
バスボートからの釣りであれば遠投性能も入りませんし、タックルも複数持っての釣りが可能なので、ベイトフィネスタックルを持っていても良いですが、おかっぱりメインの釣りでは、活用機会は少ないでしょう。
最近のベイトリールでは汎用モデルで軽量ルアーを比較的快適にキャストできるため、おかっぱりではベイトフィネス専用機を持ち歩くより、バーサタイルタックルを1本持っている方が釣果は高いと思います。

これらの点から、ベイトフィネスタックルが有効になる人は限られてしまいます。

パワーフィネスのメリット・デメリット

パワーフィネスのメリットはベイトフィネスのデメリットを解消できる点と、ベイトリールに比べバックラッシュすることも少ないので、ストレスないく釣りができる点がメリットになります。

パワーフィネスは夏場のカバー周りでの虫パターンで特に威力を発揮します。ライトなスピニングタックルではカバーに巻かれてしまう可能性がありますし、ベイトフィネスでは虫系ワームのノーシンカーは投げづらく、飛距離もスピニングタックルより劣ります。
その点、パワーフィネスであれば軽いルアーを遠投することも可能で、カバーからバスを引きずり出すこともできます。

デメリットとしては、PEラインを利用するため、ライントラブルが発生する可能性があるのと、ラインが少し割高になる点があります。
また、ベイトリールと比べキャスト性能が落ちるため、精度高くピンポイントで狙う際などはベイトフィネスに分があります。

おかっぱりメインはパワーフィネス、バスボートメインではベイトフィネスがおすすめ

結論どちらが良いかについては、おかっぱりをメインに釣りする人はパワーフィネスを選択し、バスボートから釣りする人は好み、シチュエーションに合わせ選択するのが良いでしょう。

ベイトフィネスでできる釣りはパワーフィネスでカバーできますが、その逆は難しい点がいくつかあります。
この点を考えても、持ち歩きタックルを最小限に抑えるおかっぱりの釣りではパワーフィネスを選択するのがおすすめとなります。

パワーフィネスのおすすめタックル

パワーフィネスにおすすめなロッド

ダイワ  リベリオン

ダイワ  ブレイゾン

ダイワ(DAIWA) 21 ブレイゾン 2ピース スピニングモデル S67ML-2
ダイワ(DAIWA) 21 ブレイゾン 2ピース スピニングモデル S61ML-2・ST

シマノ エクスプライド

シマノ ゾディアス

アブガルシア ホーネットスティンガープラス

アブガルシア(Abu Garcia) ホーネットスティンガー プラス HSPS-762ML-LD MGS 1432704

シマノ ポイズンアドレナ

パワーフィネスにおすすめなリール

コンプレックス XR

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 21 コンプレックスXR
created by Rinker

【パワーフィネス最強リール】バス専用スピニングのコンプレックスXRがパワーフィネスに最適だった

シマノ 20ツインパワー

シマノ ヴァンキッシュ

シマノ(SHIMANO) 19 ヴァンキッシュ C2500SXG 04164

シマノ 20ヴァンフォード

シマノ ヴァンフォードついに発売!ヴァンキッシュを継承するクイックレスポンスシリーズの普及機

ダイワ  20ルビアス

created by Rinker
¥33,573(2022/11/24 11:46:51時点 楽天市場調べ-詳細)

【DAIWA 20ルビアス】軽量ボディーが釣果につながる ザイオンモノコックボディーのハイパフォーマンスリール

ダイワ  イグジスト

アブガルシア Revo MGX THETA

アブガルシア Revo MGXtreme

最後に

パワーフィネスはこれまでアプローチできなかった場所へアタックできる釣り方です。パワーフィネスをマスターすれば必ず釣果は上がってくると思います。

説明の中でも触れましたが、ベイトフィネスより扱いやすい点もあり、まだ釣りに慣れていない方でも取り入れられる釣り方だと思います。

皆様もぜひパワーフィネスを使いこなし、バス獲得数のアップを目指してみてください。

タイトルとURLをコピーしました