【釣れるワームの動かし方】ワームの基本アクションまとめ

ルアー・ワーム

バス釣りを始めた頃に悩む方が多いのが、道具は一通り揃えいざ釣りを始めたが、ワームをどのように動かせばバスを釣ることができるのか?です。

今回はワームの基本的なアクションを紹介します。

ただ巻き

一番オーソドックスなワームアクションで、ただリールを巻いてワームを泳がせる方法です。ただ巻けば良いと思っている方も多いですが、巻きスピードや巻いてくるレンジ(水深の層)を変えるなど、基本でありながら、奥が深い釣り方です。

シンカー(重り)を重くすれば、泳がせたいレンジを早い速度でフラットに巻いてくることができます。

一方シンカーを軽くした場合は、泳がせたいレンジをフラットに泳がせるためにはゆっくり巻く必要があります。

シーズン問わず活用することができる釣り方で、主にオープンウォーターや護岸を平行に流したり、アシ際に沿って流すなどがよく使われるシチュエーションです。

このアクションを基本に、ストップ&ゴーやトゥウィッチなど追加アクションを加わえて応用していきます。

フォール

フォールはワームを落としてバスを誘うアクションです。バスはフォール中にバイトすることも多く、ただ巻きと同じく基本アクションの1つになります。

フォールは立木や橋脚周りなど縦ストラクチャーに対し有効なアクションです。縦ストラクチャーにはよくバスがついていることが多く、またバスが上から落ちてくる物を反射的に食いつく性質もあり、よく釣れる方法の代表になります。

フォールにおいてもただ巻き同様に、シンカーの重さを調整することで、早く落としたり、ゆっくり漂わせながら落としたりとアクションを操作することが可能です。

フォールにも大きくは2種類の方法があり、それぞれ状況に合わせ使い分けを行います。

フリーフォール

ラインをフリーにし、テンションを掛けない状態でフォールさせる方法です。まっすぐ垂直にワームを落としたい場合に使います。この方法はラインテンションを掛けない釣り方のため、フォール中にバスがバイトして来ても手元で感じることが難しく、ラインの動きを良く観察する必要があります。

フリーフォールはワームをより自然に動かすことができますが、ノーシンカーなど、軽いワームセッティングの場合には風や波の影響を受けやすく、状況に合わせた判断が必要です。

カーブフォール

フリーフォールとは違い、こちらはラインテンションを掛けたままフォールさせる方法になります。ラインが竿側で固定されるため、フォール時には竿先を中心に弧を描くようにカーブしてフォールすることになります。ラインテンションがかかった状態のため、バスのバイトを手元で感じることができ、風がある状況でもフリーフォールよりは使うことができるアクションです。

バックスライド

バックスライドは少しこれまでのアクションとは異なりますが、クロー系のワームをフックにつける際、お尻方向からフックを通し、通常とは逆方向へワームをフォールさせる方法になります。カバーがオーバーハングしている場所などで、カバーの根元へフォールさせたい際に有効です。

リフト&フォール

フォール系の応用として、ワームを巻上げ、途中で止めてフォールさせることを繰り返し行うアクションです。キャストして巻いてくる際にストラクチャ横を通すタイミングでフォールさせたり、オープンウォーターでも変化を与えながら誘う際に有効です。

シェイキング(フリッピング)

ロッドを使ったアクションであるシェイキング。ロッドを細かく動かすことで、ワームを小刻みに動かしてバスを誘うアクションになります。カバーやストラクチャーに絡めながら、シェイキングを行い、一点集中でバスを誘います。

見えているバスを狙い撃ちで誘う方法としては、一番有効かもしれません。

どんなリグでも使えるアクションですが、ノーリンカーリグ(ネコリグなど)で使うことが多いアクションです。

ズル引き

ワームを底までおとし、そのままズルズルと引いてくるアクションになります。エビやザリガニ、ハゼなど、底を這って動く生物を意識したアクションになります。アクションの方法としては、ゆっくりとリールを巻く方法と、ロッドを引いてワームを動かし、ラインスラッグ分だけリールを巻く方法と2種類のやり方があります。

ロッドを動かしてアクションする方が、細かい感覚を感じ取ることが可能です。

ヘビキャロを使う場合には、このアクションが基本の使い方になります。

リアクション

ワームを瞬間的に動かすアクションになります。小魚がバスに追われ、急に逃げるアクションを意識させることができます。ただ巻きではバスに見切られてしまうことも多いですが、このリアクションを入れることで、反射的に逃げるものを追う本能を刺激し、食いつかせることが可能です。

これは、様々な基本アクションに合わせて使うことができますので、タイミングをみてリアクションを入れることで効果的にバスを誘うことが可能です。

タイトルとURLをコピーしました