【2022年最高のベイトフィネスリール】進化したシマノ 22アルデバランBFS

バスギア

シマノ アルデバランBFSは名機としても挙げられるほど、とても優秀なリールで、バスはもちろん渓流でも使われている方も多い、軽量ルアー専用リールになっています。

今なお高い評価を受け続けている16アルデバランBFSから6年の時間を経て、ついに新作のアルデバランBFSが登場しました。

この記事では、22アルデバランBFSがどれだけ変わり、どれだけ良くなったのかを紹介します。

22アルデバランBFS基本スペック

SHIMANO

まず一番の注目が、自重の軽さです。

アルデバランは先代から自重が130gと、他のリールと比較しても、かなり軽量に作られています。

・シマノ スコーピオンBFS:165g
・ダイワ アルファス AIR TW:160g
・ダイワ スティーズ AIR TW:135g

この点もベイトフィネスリールとして、アルデバランBFSが評価されるポイントの一つです。

また、ギア比のラインナップはHGとXGモデルのみとなっており、基本コンセプトがハイギア傾向になっています。ハンドル1回転での巻き取り量はHGで71cm、XGで81cmになります。

一般的なベイトフィネスの釣りでは、スモラバやノーシンカーなどをポイント単位で落とし、誘っては回収、誘っては回収の繰り返しの釣り方になります。

この際にハイギアだと回収が早くなり、数撃ちが可能となるため、ベイトフィネスにはハイギアがとても相性がよくなります。

また、ハイギアはノーマルギアと比較して、巻き抵抗が高くなります。つまり、同じ力でリールを巻いた場合では、ハイギアの方が負荷を多く感じることになります。

これは、逆に少しの変化も感じやすくなるため、巻き感度が上がることにつながります。

軽量プラグなどの巻きの釣りにおいても、このハイギアの特徴が、とてもベイトフィネスにはマッチしています。

POINT

キャストと回収を繰り返すベイトフィネスでは、ハイギアモデルが絶対おすすめ!
ハイギアならではの巻き抵抗で、小さいアタリも見逃さない!

22 アルデバラン BFS XG
created by Rinker

アルデバランBFSはマグナムライトスプールⅢ採用で低弾道キャストが可能

SHIMANO

22アルデバランBFSには、マグナムライトスプールⅢが搭載されています。

マグナムライトスプールはスプールへ穴を開けたり、本体を薄肉化することで、軽量化し、慣性モーメントを減少することで、飛距離を向上させるスプールです。このスプールを大幅な肉薄化により従来にない低慣性を実現したのがマグナムライトスプールⅢです。

今回ベイトフィネスリールとして初めてマグナムライトスプールⅢが採用されたのが、22アルデバランBFSになります。

これで、軽い力でキャストしても、軽いルアーでさえも、しっかりと飛距離を稼いで、狙った場所まで飛ばすことが可能になります。

また、スプール経も今回変更となっており、経29mm、幅19mmとかなりコンパクトな仕様になっています。このサイズは他社ベイトフィネスリールと比較しても同等のサイズとなり、これまでのシマノリールでは最小経のスプールになっています。

この2つのポイントから、軽量ルアーを、より低い弾道で狙ったポイントに撃ち込める性能になっています。

POINT

徹底した軽量化(スプール重量6.5g)と、シマノ最小経(経29mm、幅19mm)のコンパクトスプールにより、軽量ルアーのキャスタビリティと飛距離を実現

22アルデバランBFSには新しいFTBを搭載

SHIMANO

シマノでは珍しいマグネットブレーキシステムであるFTBが搭載されているのもアルデバランBFSの特徴の一つですが、今回はそのFTBも新型にバージョンアップされています。

生まれ変わったアルデバランBFSに搭載されるNEW FTBは、ブレーキユニットの可動範囲が拡大したことにより、従来よりも幅広いブレーキセッティングを施すことが可能になりました。従来モデルではダイヤル1にセットした状態でも、マグネットの磁力がスプールに影響を与えていましたが、NEW FTBでは磁性リングをさらに引き込める構造とし、スプールとの距離を拡げ、磁力の影響を限りなくゼロに近づけることに成功。1g前後の軽量ルアーでも、低弾道のフリップキャストを決められる、エキスパートのためのテクニカル仕様です。

SHIMANO

遠心ブレーキとは違い、マグネットブレーキは構造上、常にブレーキがかかっている状態になってしまいます。

そのため、キャスト初めから着水間近まで弱いながらもブレーキがかかった状態となり、自然な最後の伸びを感じることができないことが多くあります。

しかし、この新型FTBではマグネットブレーキ特有の問題を改善し、アルデバランBFSは気持ちいいキャストの伸びを感じさせてくれます。

POINT

新型マグネットブレーキにより、低弾道で伸びのあるキャストを実現!
キャスト時の着水が柔らかくなります!

22アルデバランBFSで1g試投インプレ

22アルデバランBFSを使って1g程度のワームを試投しているインプレッション動画も多く出ていますが、十分投げることはできています。

もちろん通常のウェイトのルアーキャストと比較すれば劣りますが、1gを扱えると言われるベイトリールの中でも十分に評価できるレベルになっています。

最後に:22アルデバランBFSは1gも扱える 今一番おすすめのベイトフィネスリール

22アルデバランBFSは、先代の16アルデバランBFSを確実にバージョンアップさせたリールに仕上がっています。

注目ポイント

・ハイギア仕様で手返しよく高感度を実現
・軽量スプールと新型ブレーキにより、軽量ルアーを快適に低弾道でキャスト可能

22アルデバランBFSは、最近のベイトフィネスの釣りに合わせた最高のベイトフィネスリールに仕上がっています。

今16アルデバランBFSを現役で活用されている方でも、間違いなく買い替えをおすすめできるリールに仕上がっています。

22 アルデバラン BFS HG
created by Rinker
22 アルデバラン BFS XG
created by Rinker
タイトルとURLをコピーしました