【動画で紹介】ルアー、リーダーとの結び方。ノットの種類と初心者おすすめノット

ルアー・ワーム

ルアー、リーダーの結び方は複数あり、結局初心者の方はどれを覚えればいいのかわからないかと思います。

結論からノットは3つ覚えてください。

今回は初心者が覚えるべき3つの結び方を動画を含めて紹介します。

リーダーとの結束

覚えて欲しいノット1:FGノット

FGノットはメインラインとリーダーを結束する結び方で、結束力も強く、短時間で結べる定番の結び方になります。

また、FGノットは結び目が他と比べ小さい傾向にあり、ガイドとの干渉を少なくでき、キャスティング飛距離の妨げにもなりにくいメリットがあります。

覚えて欲しいノット2:10秒ノット

その名の通り、10秒で結べるくらい最速で結束することが可能なノットです。

釣り場でラインが切れてしまった際に、短時間で結ぶことが可能なので、とても重宝します。
必ず覚えて欲しいノットの1つです。

おまけノット:キングノット

釣り業界で有名な村田基さん(キング)が考案した、強度の高いノットになります。
まさに、キングにふさわしい大物狙いの釣りではこのノットを使えば安心することができます。

ルアー結束

覚えて欲しいノット3:ダブルクリンチノット

こちらはルアーやスナップに結ぶ際によく使われる、定番のノットになります。

クリンチノットより、ルアーアイ等に2回通すダブルクリンチノットは強度の面でも心配はなく、おすすめの定番ノットです。

おまけノット:ハングズマンノット

有名なバスプロも多く利用している、結束方法。

よくプロがくるくるとルアーを回して結ぶ方法がこのハングズマンノットです。
プロが使うくらい強度も強く、カッコよく早く結ぶことができます。

まとめ

ノットの種類は他にもあります。
釣りのスタイルに合わせたり、その結ぶ物に合わせたりできますが、基本として今回紹介した3つのノットを覚えていれば困ることはありません。

余裕が出てきたら、ハングズマンノットなど見た目も意識して他のノットも試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました