【ほぼ1万円で揃える】バス釣りを始める方におすすめなタックル

初心者

これからバス釣りを始めようと考えている方は、まず「どんなタックルを買えば良いか?」悩まれる方が多いのではないでしょうか。

趣味にお金を多く使える方や、すでに長くバス釣りを続けることが決まっている方は、高いタックルを揃えることをおすすめできますが、まだ続けるかわからない方、気軽にバス釣りを始めてみたい方には、5万、6万と高価なタックルはおすすめできません。

この記事では、お金をかけなくても十分にバス釣りを楽しむことができる、ほぼ1万円で買えるおすすめタックルを紹介します。

まずバス釣りに必要な道具

まずこれからバス釣りを始める方は、最低限以下の道具を揃える必要があります。
これさえ揃えておけば、問題なく釣りを楽しむことができます。

  1. リール
  2. ロッド
  3. ライン
  4. ルアーとワーム
  5. ワーム用にフックとシンカー(重り)
  6. タモ(釣り場によって)

これ以外にもあれば便利な物もありますが、まずはこれだけ揃えていれば十分でしょう。

初心者だからこそタモは持っていた方が安心

タモは無くても問題はありません。

ただ、ご自身が釣りを行う場所によっては足場が高く、魚を抜き上げるのが困難な場合には用意する方が、道具を痛めないためには良いでしょう。

初心者の方で多いのが、魚を引き上げる際にロッドに変な負荷かけてしまい、大事なロッドを折ってしまうことがあります。

初心者だからこそ、タックルをまもる観点から、タモは用意しておくと安心です。

ルアーやワームは釣り場や季節、水質などの状況に合わせて選択

釣り場に合わせたルアーやワームは、お店の方に聞いてみたり、ネットで釣り場を検索すればおすすめが出てきますので、それを参考に購入してみてください。

初めのうちは、根がかりにより無くしてしまうこともあるので、いくつか揃えておくと安心です。

また、ワームによる釣りの方が比較的簡単なので、まずはルアー1、2個とワーム3種類程度を揃えておけば良いでしょう。

購入ワームに合わせ、フックやシンカーも選択ができます。大抵ワームのパッケージにおすすめのフックサイズが記載されているので、それに従えば問題ありません。

わからなければお店の方に聞きましょう。

また、選ぶ際にはこちらも参考にしてみてください。

【おすすめタックル】ほぼ1万円で揃えられるリールとロッド

1万円を目安に、使用感も良く、十分な機能を備えた使えるタックルを紹介します。

リール

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 17 セドナ 2500HG

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 17 セドナ 2500HG
created by Rinker

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 20 クレスト LT2500S (2020モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 20 クレスト LT 2500S
created by Rinker

ロッド

ルアーマチック S66ML

ルアーマチック S66ML
created by Rinker

バスワン XT スピニング 263ML-2

シマノ(SHIMANO) バスロッド バスワン XT スピニング 263ML-2
created by Rinker

一番のおすすめタックル

初心者向けのおすすめタックルを紹介しているWebサイトは多くあると思いますが、筆者自身の経験から一番おすすめできるタックルを紹介します

リール

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 20 レブロス LT (2020モデル)LT2500S-H

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 20 レブロス LT (2020モデル)LT2500S-H
created by Rinker

ロッド

アブガルシア (Abu García) バスロッド スピニング バスフィールド (BASSFIELD) BSFS-672L スピニングロッド 2ピース

アブガルシア (Abu García) バスロッド スピニング バスフィールド (BASSFIELD) BSFS-672L スピニングロッド 2ピース
created by Rinker

おすすめタックルのポイントは必ずロッドよりもリールにお金をかけた方が良いと言うことです。

大抵の初心者向けおすすめタックルではリールもロッドも同等の価格帯の物をおすすめしているのですが、経験から言って、初めのうちはロッドにお金をかけなくても良いと考えています。

ロッドは柔らかさや感度、粘り強さ、軽さなど様々な要素があるのですが、初心者から中級者でもそこまで大きな違いを感じることはありません。

もちろん使い比べをすれば違うことはわかりますが、通常使用している分には1万円以下のロッドでは差が出ることは少ないのです。

それよりもリールは価格差が大きく出ます。

巻き心地、軽さ、トラブルの少なさなど、やはりメカ的な要素が多くあるリールではその価格が性能に大きく影響してきてしまうのです。

初心者の方で多いのがライントラブルかと思うのですが、ライントラブルが起きる要因は道具のみにあるわけではありませんが、道具次第で軽減することが可能になります。

なので、リールさえいい物を使っていればトラブルを少なくすることができます。

予算は人によってそれぞれ異なるとは思いますが、筆者としては予算の7割はリールに振り分けてしまっていと思います。

タイトルとURLをコピーしました