【コスパに優れたフラグシップ】キャスタビリティが向上するアブガルシア ZENON MG7

ベイトリール

アブガルシアのフラッグシップモデルであるZENONが発売されました。

アブガルシアではこれまでRevoシリーズとしてラインナップされていましたが、より進化してZENONシリーズへと進化しています。

この記事では、ZENONのバーサタイルモデルであるZENON MG7を紹介します。

基本スペック

自重ギア比スプール 径/幅ハンドル長最大ライン巻き取り長最大ドラグ力ラインキャパボール/ローラーベアリング
ZENON MG7135g7.530mm/22mm85mm71cm4kg12lb:100m
14lb:85m
9/1

モデルラインナップはシンプルで、右左ハンドルの違いによる2種類のみとなっています。

全身のRevoも同様でしたが、自重は135gとかなり軽量なボディーとなっています。またボディーサイズもコンパクトになっており、パーミングもしやすく、扱いやすいボディーとなっています。

さらに軽量というわけではなく、マグネシウムアロイ製でしっかりとボディー剛性も確保できています。

ギア比は7.5と最近のハイギア傾向からすると、少し物足りない感じもします。ZENON MG7は軽量から一般的なルアーウェイトまでをカバーできるバーサタイルコンセプトになっているので、ギア比8などの選択肢があっても良かったとは思います。ただ、その分価格も上がってしまうので、今のコスパを考えると7.5のギア比は絶妙な選択だと思います。

超々ジュラルミン製 超軽量φ30mm小径スプール

スプール径30mmという小径スプールが採用され、低速での出だしの良さが特徴になっています。

軽量なルアーやワームを狙った場所へキャストするには、この小径スプールが本領を発揮します。通常のスプール径と比較すると、キャスト時の力が少なくて済むため、ブレが少なく、より狙った場所へ落とす精度をあげることができます。

ベイトフィネス系リールでも、軽量ルアーを扱うことには長けていますが、ベイトフィネスよりキャスト飛距離を稼ぎながら、少ない力(動作)で狙った場所へ落とせるリールとしては、このZENON MG7は魅力あるリールに仕上がっています。

マグトラックスIIIブレーキシステム

アブガルシアのリールはこれまでもマグネットブレーキをメインで採用してきているため、マグネットブレーキ性能は高いレベルを維持しています。

こんZENON MG7は軽量スプールを採用し、軽量プラグを扱えるセッティングとなっているため、このマグネットブレーキとの相性がとてもよくなっています。

標準でマグネットは8個ついていますが、これまでもそうでしたが、自分の好みに合わせてマグネットの数を変えたり、マグネット自体の強度を変えたりと、カスタマイズも可能です。

軽量ルアーを狙ったところへキャストするZENON MG7にとって、最高のブレーキシステムになっています。

キャスト性能を向上できるおすすめリール

ZENON MG7は、軽量スプールとマグネットブレーキにより、初心者でも扱いやすいリールになっています。

ブレーキもしっかり効かせることも可能で、サミング技術がまだ上達していない方でも、バックラッシュなくキャストすることが可能です。

逆に、サミングがなんなくできる方は、軽い力でスムーズに狙ったところへキャスティングできるリールに仕上がっています。

これから釣りを始める方や、キャスティング性能を向上させた釣りをしたい方にお勧めできるリールになっています。

ZENON MG7のインプレッション レビューはこちらも参考ください

タイトルとURLをコピーしました