羽根モノは釣れるのか?クローラーベイトの使い所を調査!

CrawlerBait_Icルアー・ワーム
CrawlerBait_Ic

クローラーベイト 通称羽根モノ

みなさんはこのルアーをお持ちでしょうか?
なかなかのインパクトで利用をためらうこともあるかと思いますが、私は今無性に羽根モノルアーを使いたいと思っています。

今回はこの羽根モノルアーについて少し調べてみたいと思います。

羽根モノとは

羽根モノルアーは、トップウォーター系の分類になります。

そして特徴的なのが、ルアーの両サイドにハネのようなプレートが付いていること!
大きな金属プレートが水圧を受けることで、左右に振り子のようなアクションを発生させます。この強いアクションがバスを刺激し、派手めなバイトを誘うのです!

サイズも今では大小さまざまですが、やはりビッグベイト並みのサイズが羽根モノ!って感じでKenezは魅力を感じています。

利用シーン

派手なアクションによる”目立ち”を最大限に利用できるベタ凪が一般的には向いていると言われます。超デッドスローで攻めるなら特にそうです。でもそれだけでなく、雨風や濁り、荒れた中でも(限度はあります)一定の効果がありそうです。

デッドスローリトリーブ

ルアーが着水したら少しラインをたるませて、そのたるみを回収するようにただ巻きでリトリーブします。
ラインのテンションが安定していると、ほとんど移動していない状態でも左右にクロール動作を繰り返します。一定のスピードで長時間をかけて動かすことにより、バスの攻撃する本能を刺激するアクションです。

水面波紋アクション

トゥイッチの要領で、細かいロッドワークを加えてラインを震わせることで、両方の羽が水圧を受け、セミが水面に落下したイメージの波紋を生むことができるアクション。着水地点からの移動距離を最小限に抑えて行います。

羽根モノにしか釣れない魚

あえてこの派手なルアーを使う理由は派手なバイトシーンを楽しみたいのが一番だ!
この水面を目立つビックベイトをリトリーブし、バスが勢いよく飛び出す瞬間は全てのバサーが興奮せざるおえないだろう。

自作なんてのも面白そうですね!

また、このルアーでしか釣れないようなビックサイズなバスもいるだろう。
ぜひみなさんもこの快感を!!

タイトルとURLをコピーしました