【おかっぱりバサーにおすすめ】遠投巻物とパワーの釣りに最適な22バンタム

ベイトリール

2022年 バンタムがより進化し発売されました。

バンタムはこれまでも、巻きのバンタムと言われるくらい巻きの釣りに向いたリールとなっています。

この22バンタムは先に発売された20メタニウムとよく比較され、その使い分けについて多くの意見がありますが、実際は22バンタムは20メタニウムとは差別化され、とても良いリールに仕上がっています。

この記事では、22バンタムの詳細スペックと最適な使い方を紹介します。

22バンタム 基本スペック

SHIMANO

バンタムはロープロファイル型のベイトリールで、ロッドに付けた際に一体感を感じやすい形になっています。

このロープロ型のおかげで、とても扱い易くキャスタビリティに優れたリールになっています。

ラインナップはギア比が3種類とそれぞれ右ハンドル、左ハンドルの計6種類になっています。

自重は215g、220g、225gとギア比が増えるにつれて、5gづつ増えていきます。

金属ボディーで作られるリールは、樹脂系素材から作られるリールより、どうしても重くなりますが、その強固な剛性と適度な重量の組み合わせにより、とても安定感のあるリールとなります。

この22バンタムは巻心地がとても良くなっています。この強靭で一体成形ボディーがあるからこそ、ブレのないスムーズな巻き心地を実現することができています。

この巻心地は他の樹脂系素材から作られるリールでは消して味わうことはできないフィーリングに仕上がっています。

シマノ(SHIMANO) 22 バンタム
created by Rinker

MGLⅢスプール

SHIMANO

スプール経は35mmとなっており、比較的大きいサイズのスプールが採用されています。

これにより、慣性力が強くなり、遠投時に安定した飛距離を出すことができ、他の小径スプールのリールに比べ、気持ちの良い最後の一伸びを感じることができます。

20メタニウムとのスプールの違い

20メタニウムも同様にMGLⅢスプールを採用していますが、スプール経が34mmとなっており、より軽量で近距離キャスト向けの釣りに向いています

この点で、22バンタムと20メタニウムは十分に差別化が図られています。

バンタムはまさにおかっぱりからの遠投が必要となる釣りに最適なリールになっています。

スプール経が大きくなっていることからも、糸巻き量も16lbで100mとなっているため、遠投でもラインの不足を感じることはないでしょう。

パワー系の釣りを展開するために、太めのラインを使っても十分なラインキャパを確保でき、遠投に最適な仕様になっています。

22バンタムはおかっぱりで良く利用される、スピナーベイトやクランクベイト、バイブレーション、ヘビキャロなどにおすすめできるリールだと言えます。

22バンタムと20メタニウム比較表

22バンタム20メタニウム
スプール経35mm34mm
スプール幅19mm19mm
糸巻き量14lb:110m
16lb:100m
14lb:90m
16ib:80m
ハンドル1回転の
最大巻き上げ量
89cm86cm

コアソリッドボディー

SHIMANO

22バンタムは前モデルから採用されたコアソリッドボディとなっています。リールを構成するパーツを少なくし、金属で構成するボディーとなるため、通常発生するパーツごとのつなぎ(隙間)から生まれる、ガタが極限まで抑えられた作りとなっています。

ハンドルを巻いている際にかちゃかちゃ音がするリールがありますが、そのかちゃかちゃの音はパーツごとの隙間があるために出る音です。

バンタムは隙間がほとんど発生しないため、かちゃかちゃ音が発生しにくく、高級感も感じることができます。

パワーをかけた釣りでも、ボディーがたわむことなく、安心して魚を巻いてくることが可能です。

また、ガタはギアなどにも悪影響を与えることがありますが、ガタの発生を抑えることができるため、耐久性も高くなっています。

リールは普通にハンドルを回している状態でも、そのボディーに多少の”たわみ”が発生します。

この”たわみ”は巻心地に大きく影響します。

また、今回特に巻きごこちが良くなっている理由にはインフィニティドライブの採用が挙げられます。

このインフィニティドライブは上位機種のカルカッタにも採用され、ギアの抵抗を最大限まで低減し、軽く滑らかで、かつ力強いリーリングを実現しています。

この22バンタムは”たわみ”もほぼ発生せず、インフィニティドライブも採用され、その滑らかな巻きの質感は高級機種のカルカッタにも迫る感覚が得られる程になっています。

これだけのフィーリングをカルカッタよりも低価格で得られる22バンタムは、素晴らしくコスパの良いリールだとも言えます。

まさに巻きのバンタムと言えるリールに22バンタムは仕上がっています。

最後に

22バンタムはこれまでのバンタムの良さを残しながらも、さらに魅力的なリールになっています。

先に発売された20メタニウムと似たリールと言われていますが、詳細スペックをよく確認すると、そこには明確な差別化が図られており、おかっぱりにおいて22バンタムは遠投の巻物の釣りに最適なリールとなっています。

もし今20メタニウムを持っている方でも、自信を持っておすすめすることができるリールになっています。

シマノ(SHIMANO) 22 バンタム
created by Rinker

20メタニウムの詳細説明はこちら

タイトルとURLをコピーしました