【22SLX DC XT】なんでもこなせるおかっぱりの強い味方!SLXの下剋上!

バスギア

2022年 シマノから発売されたSLX DC XT

これまでのSLX DCと比較しても機能が向上しており、おかっぱりバサーには最適なリールに仕上がっています。

この記事では、そんなSLX DC XTの特徴を紹介します。

SLX DC XT基本スペック

SHIMANO

自重は195gとなっており、かなり軽量化が図られています。

前回のSLX DCが210g、また筆者が本当の対抗馬だと考えているスコーピオンDCでも215g(XGモデルは225g)なので、重量面でSLX DC XTはかなりの優位性を持っています。

ただ、糸巻き量ではSLX DCとは差がありませんが、スコーピオンDCとは16lbで20m少なくなっており、最大巻き上げ量も3機種で比較して、若干少なくなっています。

自重糸巻量ナイロン(lb-m)最大巻上長ベアリング数BB
/ローラ―
SLX DC XT195g14-90,16-80HG:77cm
XG:84cm
7/1
スコーピオンDC215g
(XG225g)
14-110,16-100HG:79cm
XG:91cm
7/1
SLX DC210g14-90,16-80HG:77cm
XG:88cm
6/1

この点はおかっぱりをメインとする釣り人には少し気になる点にはなります。

シマノ 22 SLX DC XT
created by Rinker

マイクロモジュールの搭載

ついにSLX DC XTにもマイクロモジュールギアが搭載されました。マイクロモジュールギアが搭載されるだけで、巻き感、使用感は格段に上昇します。

I-DC5

SHIMANO

前作SLXDCではI-DC4が搭載されていましたが、SLX DC XTはカルカッタコンクエストDC、スコーピオンDCに搭載されているI-DC5にバージョンアップしています。

より幅広いルアーを快適に扱うことが可能となり、少ないタックルで多くのことができるバーサタイル性の向上に繋がっています。

マグナムライトスプールⅢ

SHIMANO

スプールはMGLスプールⅢが搭載され、低慣性により回転レスポンスが飛躍的に向上しています。

またスプールサイズも33mm径(幅21mm)に変更(前作SLXDCでは34mm径(幅22mm))され、より軽量ルアーの扱いが快適になっています。

SLXDCXTはスコーピオンDCを狙っている?

今回のSLX DC XTは前作SLX DCから大幅に変更がされており、合わせて価格も高めに設定がされています。これまでのSLX DCは低価格で、ある程度の機能が搭載される、まさにコスパに特化したリールコンセプトになっていました。

しかし、今回のSLX DC XTは上位機種搭載機能が多く使われ、それに伴い価格も7,500円上がっています。

SLX DC XT35,000円
スコーピオンDC37,500円
SLX DC27,500円

機能面、価格面からもSLX系の上位機種にあたるスコーピオンDCにかなり近くなっており、今回の内容では確実にスコーピオンDC以上に魅力的なリールに仕上がっています。

今スコーピオンDCの購入を検討される方は、SLX DC XTをまず先に検討することをおすすめします。

SLX DC XTはおかっぱりバサーにとってベストなリール

ここまで紹介した通り、SLX DC XTはおかっぱりバサーに、とてもおすすめなリールになっています。扱えるルアーの幅も広がり、巻心地など使用感も上位機種に近くなっています。

新しくリールの追加購入を考えている方も、今SLX DCやスコーピオンDC等を使っている方も是非一度検討してみてください。

シマノ 22 SLX DC XT
created by Rinker
タイトルとURLをコピーしました