【23SLX DC】コスパ最強リールがバージョンアップ!!SLXDCXTとの比較も

ベイトリール

2023年にSLXDCがバージョンアップして登場しました。

前期のSLX DCは低価格帯でありながな、DCブレーキを搭載した、ハイコストパフォーマンスモデルとして登場し、多くの釣り人に利用されていました。

この記事では、コスパも機能もバージョンアップした23 SLX DCを紹介します。

23SLX DC基本スペック

SHIMANO

ギア比はノーマル、ハイギア、エクストラハイギアの3モデルあり、それぞれ右ハンドル、左ハンドルをラインナップする全6モデルになります。

最大ドラグはXGモデルは5kg、その他5.5kgとなっており、自重は全て200gとなっています。

23SLX DCは前期20SLX DCの最新版との位置付けではありますが、少し価格が高い22SLX DC XTと比較して、ほぼ変わらない仕様にまで進化しています。

23 SLXDC、20 SLXDC、22 SLXDCXT 3機種比較

HGモデル比較ギア比自重スプール 径/幅最大巻上長(ハンドル1回転)
23SLX DC7.2200g33mm/21mm75cm
20 SXL DC7.2210g34mm/22mm77cm
22 SLX DC XT7.4195g33mm/21mm77cm

SLXDCモデル3機種を比較すると、今回の23 SLXDC20 SXLDC22 SLXDCXTの間くらいに位置していることがわかります。

23 SLXDCは33mm径のスプールが採用されているため、20 SLXDCより1mm小さくなっています。22 SLXDCXTも33mm径のスプールが採用されているのですが、その分ギア比を0.2高くすることで、最大巻上長を20 SLXDCと同じにしています。今回の23 SLXDCのギア比が20 SLXDCと同じままのため、2cm最大巻上長が短い設定になります。

また、採用されている技術についてもそれぞれ差が出ています。

スプールDCブレーキ
23SLX DCMGL SPOOLⅢI-DC4(新規ファームウェア)
20 SXL DCMGL SPOOLNew I-DC4
22 SLX DC XTMGL SPOOLⅢI-DC5

23 SLXDCにもMGL SPOOLⅢが採用されました。

この価格帯のリールにも低慣性マグナムライトスプールⅢが採用されるのはSLXDCが初めてとなります。

また、このMGLスプールⅢに合わせ、ファームウェアを新しく最適化したI-DC4が採用されています。ブレーキ調整幅はI-DC5より少ないですが、一番使いやすく汎用的なブレーキ強度で設定できるため、初心者の方でも、細かいブレーキセッティングなしに簡単に使うことができます。

これから釣りを始める方は23SLXDC

23 SLXDCは低価格帯のリールでありながら、ワンランク上の昨年モデルと同等の仕様となっており、コスパ最高のリールに仕上がっています。

これから釣りを始める方、始めたばかりの方には最適なリールであることは間違いありません。

タイトルとURLをコピーしました