バスロッドのテーパー(調子)の違いと選び方

RodTaper_Icバス釣り
RodTaper_Ic

バスロッドを選ぶ際に必要な要素は大きく3つあります。

  • 長さ
  • 硬さ
  • 調子(テーパー)

ロッドを選ぶ際は、自分の釣りスタイルや目的に合わせ3つの要素を選択していきます。
今回はこれらの要素がどのように影響するのか、またそれぞれのおすすめコスパロッドを紹介します。

バスロッドの長さは6.6ft〜7ft前後が多い

バス釣りにおいて、一般的な長さは6.6ft〜7ft前後の長さが多いです。
1フィート約30.5cm、1インチ約2.5cmなので、198cm〜213.5cmの長さになります。

この長さの選択は遠投性能や、操作性に影響してきます

おかっぱりなど遠投が必要なケースは長めの6.10ftや7ftがおすすめとされ、ボート、フローティングなど近距離操作性を重視する場合は、6.6ft以下の短いロッドがお勧めだったりします。

1本目のロッドを購入する際は、おすすめに従ったロッド選択が良いですが、2本目以降の場合は、自分の好みも合わせて選択するのが良いでしょう。
最近ではレンタルサービスや、メルカリなどフリマアプリを利用することで予算も抑えながら、ロッドを試すこともできるようになっています。

これらのサービスもうまく活用しながら選択してみてください。

テーパー毎のメリデメとおすすめロッド

エクストラファースト

ロッドの先端2:8の位置で曲がる感度重視のテーパーで、先調子の分類に入る。

メリット
 ・ボトムを取りやすい
 ・繊細なアクションをつけやすい

デメリット
 ・巻物等には不向き
 ・ロッドの曲がる範囲が狭く、キャストが難しい
 ・魚をバラし易い
 ・先端が破損しやすい(初心者には難しい)

ファースト

ロッドの先端3:7の位置で曲がるテーパーで、先調子の分類に入る。

メリット
 ・ルアーにアクションをつけやすく
 ・エクストラファーストよりもキャストしやすい(扱いやすい)

デメリット
 ・どっちつかずで、中級者以降では物足りなさを感じる

レギュラーファースト

ファーストとレギュラーの中間をとるテーパー。人気なテーパーです。

メリット
 ・巻きでもアクションでもどっちも対応可能
 ・バーサタイルロッドとなりやすく、ロッド本数を抑えることができる

デメリット
 ・コントロール(細かいアクション)は若干しにくくなってくる
 ・特化型ではないので、やはり中級者以降では物足りなさを感じるケースもある

先調子系のおすすめロッド

ルアーの操作性が良いというメリットがあり、フッキングもルアーに直接的に伝わるのが特徴。
ワーム等の釣り、いわゆる縦の釣りが得意。

シマノ(SHIMANO) ベイトロッド ゾディアス VERSATILE バス 1610M-2 6.1フィート
シマノ(SHIMANO) バスロッド エクスプライド ベイト バーサタイル 172MH-2 パワーロッド 遠投 ロング ジグ&ワーミング スピナーベイト
【マラソン&買いまわり10倍W開催!】シマノ エクスプライド 1610MH-SB/2(バスロッド)
(5) ジャッカル BPM 2ピースモデル BC-610M-2 バスロッド/ベイトモデル /JACKALL BPM/

レギュラー

ロッドの5:5の位置で曲がるテーパーで、胴調子の分類に入る。

メリット
 ・種々のルアーの利用が可能
 (初心者や、サイズを問わず魚とのファイトを楽しむ釣りが可能)
 ・巻物を主体とした万能テーパー
 ・合わせが入れやすい

デメリット
 ・微細なアクションはかなり無理が出る

スロー

ロッド全体が曲がるテーパー。胴調子の分類に入る。

メリット
 ・魚をかけた後のバラシ率が少ない
 ・巻物の扱いに向いている
 ・ラインブレイクしにくい

デメリット
 ・緩やかに曲がるためにフッキングが難しい
 ・キビキビとしたアクションをつけるのが難しい

パラボリックス

ロッド全体が平均的に曲がるロッドで、青物など大物狙いの釣り人に選ばれやすいテーパーです。バスロッドとしては選択されないので、説明は割愛します。

胴調子系のおすすめロッド

重いルアーを扱うのに適し、巻物などを扱いやすいのが特徴。竿全体がしなって掛けた魚をバラしにくく、粘り強いファイトが可能。
巻物、ビックベイト等の釣り、いわゆる横の釣りが得意。

ダイワ ブレイゾン BLAZON 6111HB-SB

まとめ

バスロッドの種類も様々あります。
一般的な評価を基にしながらも、自分の釣りスタイル、好みに合わせたロッド選びが重要です。
まずは標準的なバーサタイルロッドを購入し、自分の好みや釣りスタイルを把握した後に、幅を広げていくのが良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました