【高コスパ】ちょっとしたカスタムで初心者から中級者までおすすめのAbuGarcia RevoX

RevoX_Icバスギア
RevoX_Ic

RevoX
マッドブラックボディーで高級感漂うかっこいいデザイン。
アブガルシアならではのデザイン性高い外見となっています。

この見た目で価格はなんと1万5千円を切る安さ!

最近安くてもいいリールが多くて助かるね!

今回は機能面でも”かっこいい”リールRevoXを紹介したいと思います。

RevoXの基本スペック

製品名自重(g)ギア比最大ライン巻取(cm)最大ドラグ力(Kg)ラインキャパシティ/
14lb/16lb
ボール/ローラーベアリング
Revo X2246.6:1688.1130m/115m7/1
Revo X-L2246.6:1688.1130m/115m7/1
Revo X-HS2247.3:1768.1130m/115m7/1
Revo X-HS-L2247.3:1768.1130m/115m7/1
Revo X-W2245.4:1568.1130m/115m7/1
Revo X-W-L2245.4:1568.1130m/115m7/1

ラインナップは6種類。ギア比は3種類あり、釣り方や好みに合わせた選択が可能です。

また最大ドラグも8kgあり、ラインにもよりますが、おかっぱりでランディングが難しい場所でも、
心配なく引っこ抜くことができます。

ブレーキ マグトラックスIII

ベイトリールで重要な要素の1つがブレーキシステムです。

RevoXはマグネット式のマグトラックスIIIを採用しています。

サイドプレートのダイヤルを回すことで、簡単に調整が可能です。

また、内側にある磁石を外したり、変更することで、より好みに合わせたセッティングも可能です。

標準でロングクランクハンドル

アブガルシア全般で言えるのが、標準ハンドルにこだわりがある点です。

これは所属のキムケンさんのポリシーも組んでいるのかと思いますが、アブガルシアを選ぶ理由の1つに上がります。

RevoXでは90ミリのロングクランクハンドルが標準となっており、これだけでカスタム費用を抑えることが可能です。

ボディ 高耐久X-CRAFTICアルミフレーム

コスパを語る上では、耐久性は重要な要素です。

RevoXは頑丈かつ軽量なアルミフレームのX-CRAFTICフレームを採用しており、タフな使用や大物とのファイトでも心配の必要がありません。

紹介動画

RevoXをちょっとカスタム

ノーマルのままでも十分なスペックをそなえるRevoXですが、価格が安いため、少しカスタムを施すのがおすすめの使い方です。

そんな凝ったカスタムではなく、少しのカスタムで、見た目も機能も向上しますので、RevoXの利用の際はおすすめです。

ベアリング追加

手間はかかりますが、少しの費用で格段にカスタムの恩恵を感じることができるのが、ベアリング交換です。

RevoXはノーマルで7つ(+ローラーベアリング1つ)のベアリングが採用されていますが、簡単にはあと2つ追加することが可能です。

パーツリストNo.115がプラスチックブッシュとなっているため、ここをベアリング化することで、少しですが、巻き心地を向上させることが可能です。

少しのことなのですが、これが以外にリールのフィーリング向上に役立ち、低価格で上位機種の感覚に近づけることが可能なのです。

ドレスカスタム

カスタムといえばHEDGEHOG STUDIO

RevoXはマッドブラックで統一されたボディーで、このままでも十分にかっこいいのですが、少しポイントカラーを加えることで、さらにかっこいいリールになります。

カスタムは欲を抑えないと、どんどんやってしまうので、ここでのおすすめは以下4点です。

1.ジュラルミンビス

2.レベルワインドキャップ

3.メカニカルブレーキノブ

4.ハンドルロックナット

最後に

コスト面、機能面に加え、見た目まで申し分のないRevoX

今回紹介したカスタムを施したとしても、1万5千円程度で収まります。

おかっぱりでも、ボートでのタックルを揃える目的でもこのコスパ最強のリールはおすすめです。

みなさまもぜひ検討してみてください。

タイトルとURLをコピーしました