高コスパに快適ベイトフィネス!!ロキサーニ BF8

ROXANIBF8_Icバスギア
ROXANIBF8_Ic

ベイトフィネス用のリールは高い性能が求められるため高価格になりがち。しかし低価格リールでも少しのチューニングを行うことで高価格リールに引けを取らないパフォーマンスを発揮できるのがこのROXANI BF8

このAbuGarciaのROXANI BF8は低価格でありながら、少しのチューニングで
素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれます。

本体価格は概ね15,000円前後。シマノ スコーピオンBFSが24,000円前後、ダイワのアルファス エアが28,000円前後なので、2大ブランドのリールと比較してもかなりのお買い得価格です

このままのROXANI BF8でもベイトフィネス雰囲気な釣りを楽しませてくれますが、少しのチューニングを行うことで本物に進化します。

まずはROXANI BF8を紹介します。

基本スペック

自重185g
ギア比8.0:1
最大ライン巻き取り(cm)83
最大ドラグ力(Kg)5.5
ラインキャパシティ8lb:100m 10lb:80m
ボール/ローラーベアリング4/1

名前通りギア比8とかなりのハイギア仕様になります。回収をスピーディーにできるため打ち物系の釣りでは手返し早く効率的です。また、ベイトフィネス用としては多いラインキャパは地味にありがたいですね。

しかし、ベアリング数は5つとコスト抑止の影響が確認できます。ギア系のスプール回転に影響する箇所はベアリングが付いていますが、巻き心地のフィーリングにかかる部分はプラスチック製のスペーサーになっています。

カスタム1〜ベアリング追加〜

ではここからカスタムに付いて紹介していきます。まずはベアリングを追加することで巻き心地を向上していきます。追加箇所としては大きく2箇所合計5つのベアリングを追加します。

  • ハンドル(4つ)
  • ウォームシャフト(1つ)

これでもともとのベアリングと合わせボールベアリング:9、ローラーベアリング:1となり総ベアリング数は合計10個。高価格帯リール同等、それ以上の数になります。

※スコーピオンBFS:7個

1.ハンドル(4つ)のベアリング追加

ハンドルノブにセットされているスペーサーをベアリングに変えていきます。

交換するベアリングですが、MNBのベアリングを使用します。

他にもブランドベアリングがありますが、MNBのベアリングはその他と比較して半分程度の値段で購入することができます。

高いベアリングは確かに良いものではありますが、私レベルの不定期サンデーフィッシャーにはMNBのベアリングで十分です。

またベアリングは消耗品なので、低価格であれば交換に対する気持ちの抵抗も少なくなり、長く安定的に良いフィーリングを得ることができると思っています。

2.ウォームシャフト(1つ)のベアリング追加

次にウォームシャフトにベアリングを追加していきます。こちらもMNBのベアリングを利用します。

これで5つベアリングを追加することができました。

ここまででかかったコストは約1500円。

本体価格15,000円と合わせても16,500円です。

カスタム2〜スプールベアリング交換〜

ここでかっ飛びチューニング!

スプール回転に関わるコア部分のベアリングはヘッジホッグスタジオのかっ飛びチューニングを利用します。

今回利用するのはBF用のこちらのベアリングです。

また、スプールベアリングの交換には専用リムーバーを利用します。正直リムーバーなしにも交換することは可能ですが、大事なスプールシャフトなどに傷を付ける可能性があるため専用リムーバーの利用を絶対的にお勧めします。

※ここでケチって回転性能がノーマル以下になったら元も子もないですから。。

これでロキサーニBF8のチューニングは完了です。かっ飛びチューニングまで行ってトータルコストは約19,000円!!2万円以下で快適にベイトフィネスリールを手に入れることができました。

カスタムは他にもいろいろな方法があると思います。これは少ないお小遣いで実現するほんの1例です。

みなさまもぜひオリジナルカスタムを考え自分のオリジナルギアを作ってください。ノーマルよりも確実に愛着がわきますよ!

タイトルとURLをコピーしました