リールのハンドルは右巻きがいいのか?左巻きがいいのか?

ベイトリール

皆さんはリールを買う際、右ハンドルを選びますか?左ハンドルを選びますか?

スピニングリールはハンドルを差し替えるだけで右巻きと左巻き巻きを変えることが出来ますが、ベイトリールはどちらかを選んで購入する必要があります。

この記事では、右ハンドルと左ハンドルのどちらを購入したら良いか悩んでいる方や、今左ハンドルを使っているけど、右ハンドルに変えようか悩んでいる方(逆もしかり)にそれぞれの特徴を紹介します。

右ハンドルと左ハンドルはどちらが多いのか?

右ハンドルと左ハンドルの人口ですが、関西では左ハンドルを使う方が多く、関東では若干右ハンドルを使う方が多いそうです。

これはバスフィッシングの流行り始めた時期によるそうですが、関東に比べ少し流行り始めたのが遅い関西の方では左ハンドルが多く使われているそうです。

スピニングリールは左ハンドルが主流

右巻きか、左巻きかの議論はベイトリールで主にされ、スピニングリールではあまり左右の議論はされません。

もちろん、ハンドルを左右付け替えればどちらも使えるため、その議論が出ないのもありますが、それとは別に、スピニングリールの場合には大抵の方が左巻きを利用している理由が存在します。

それはなぜか?

スピニングリールは巻き上げのパワーがあまりなく(構造上巻き上げに力をかけにくい)、ロッドをうまく使いながら魚を釣り上げるような釣り方になります。

巻き上げる先にはまず竿を起こし糸を引き寄せて、引き寄せた分の糸をロッドを下げながら巻き上げる、この繰り返しにより魚を引き寄せます。

その結果、ロッドでの引き寄せに力を使うため、利き手である右でロッドを扱えるよう左巻きが主流になっています。

また、ベイトリールに比べ比較的ライトリグを扱うことが多く、ロッドの細かい操作を行うためにも利き手でロッドを持つ傾向があります。

これらの観点からスピニングリールでは右巻き、左巻きの議論が起きにくく、自然と左巻きが主流として活用されています。

左巻きベイトリール

まずは左巻きベイトリールの特徴を説明します。

左巻きベイトリールの特徴1:ロッドアクションがやりやすい

スピニングリールと同様ですが、左巻きの場合は大半の方がロッドを利き手で操作することになるため、繊細なロッドアクションがやりやすくなります。

特にベイトフィネスなどのフィネスな釣りでは、巻きの釣りとは違い、ロッドアクションを多用した釣りが多くなります。

そのため、利き手でロッドを操作できた方が、ストレスを少なく釣りをすることが可能になります。

左巻きベイトリールの特徴2:片手で釣りができる

利き手でロッドを持った際に中指や薬指でリールのハンドルを回すことができると、キャストから巻き上まで片手のみで操作することが可能です。

これそんなことしないと思う方もいるかもしれませんが、ずっと釣りをしていると地味に便利なんです。

巻きの釣りでは流石に厳しいですが、撃ちの釣りをしている際にはとても重宝します。

特におかっぱりなどで、ストラクチャ周りを撃ちながらランガンする際には、楽に釣りをすることが可能です。

左巻きベイトリールの特徴3:スピニングリールとの違和感が少ない

これはそこまで大きな特徴ではありませんが、スピニングリールが左巻きの場合にはタックルを持ち替えた際の違和感が少ないです。

そこまで頻繁にタックルを持ち帰ることは少ないかもしれませんが、ボートやおかっぱりでも常に複数タックル持って釣りをする場合には感じる違和感だと思います。

右巻きベイトリール

右巻きベイトリールの特徴1:飛距離が伸びる

右ハンドルのベイトリールを使った方が実はキャスティング飛距離が伸びます。

これはキャスティングフォームが間違っている場合には発揮できませんが、正しいキャスティングフォームが取れている場合には飛距離に差が出てきます。

キャスティング時にベイトリールが横を向き、きちんとハンドルを上にして、手首のスナップを利かせてキャストができる場合には、左ハンドルの時より重心が安定するため、右ハンドルの方がキャスティング飛距離を伸ばすことができます。

しかし、キャスティング時にリールが上を向いたまま、裏拳の要領でキャストしている場合には左右どちらのハンドルでも差は出ませんのでご注意ください。

右巻きベイトリールの特徴2:安定したリーリングが可能

右手が利き手の場合には、やはりうまく巻くことができるため、安定したリーリングが可能になります。ベイトリールの場合はスピニングリールとは違い、力を使いながら巻き上げることが可能なため、利き手で巻いた方が効率が良いです。

また、巻きの釣りをする際にも安定したリーリング、巻いている際の違和感等を感じやすいと思います。

巻き比べてみればわかるのですが、利き手と反対でリールを巻く際には手元が動いてしまってブレていると思います。これは是非お店で試してみてください。

まとめ

右ハンドル、左ハンドルでそれぞれ特徴はありますが、まとめると

左ハンドルは利便性
右ハンドルは正確性

と言えます。

これはみなさんそれぞれの求め釣りスタイルに合わせて購入するのが良いと思います。

是非リール購入時の参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました