【シーバスフィッシングに最適】シーバスフィッシングに最適なスコーピオンMD ベアリング追加

シーバス

スコーピオンMDはスコーピオンシリーズの大型リールモデルになります。

最近はビックベイトブームやシーバスにベイトタックルを利用することも多くなり、大型リールにも人気が出ています。

このリールは村田基さんが開発に関わっているようで、アンタレスDCMDの意志も継がれています。
今回はこのスコーピオンMDの特徴と簡単なベアリング追加を紹介します。

スコーピオンMD基本スペック

スコーピオンMD基本スペック
SHIMANO

特徴はスプール径43㎜の大径タイプで、これによりナイロン20lbで号で160mを実現しています。

おかっぱりでヘビキャロなど遠投するシーンでは、結構糸巻き量が足りないこともあるのですが、このスコーピオンMDではその心配なく、遠投することが可能です。

またギアはXG設定になっており、ハンドル1回転で107cmの巻上げ長があります。

遠投に対し、回収速度も上がり、また巻きの釣りでも巻だけで緩急をつけやすくなります。

この点からも、シーバスだけでなく、ブラックバスでも活躍できるリールだと評価できます。

SVSのブレーキピンが8つ

スコーピオンMDスプール薄肉化&ナロー化SVS 8pin
SHIMANO

薄肉で大径スプールは慣性も高く、キャスト回転初速も早くなっており制御が難しくなっています。このスプールを細かく制御できるのが8ピンのSVSブレーキになります。

この8つのブレーキを状況に応じてセッティングすることで、ライントラブルを最小限に抑えることが実現できます。

ただ、せっかく細かく状況に応じて設定ができるのですが、サイドカバーが完全に取れてしまうため、誤って釣り場で落としてしまう可能性があるのです。

これは脱落防止の機構があれば最高だったのですが、注意して利用してください。

スコーピオンMDベアリング追加カスタム

ベアリング追加できる箇所は以下合計3箇所あります。
・ウォームシャフト(1つ)
・ハンドルノブ(片側1つ)

ウォームシャフト軸へのベアリング追加はリールの分解を伴うため、経験者の方など慣れている方はトライしてみても良いですが、素人の方にはおすすめしません。
ウォームシャフトへのベアリング追加は効果はありますが、大きくはないため、分解に自信がない方でカスタムしたい方はスプールベアリングを交換した方が遥かに効果も大きく、簡単にカスタムすることが可能です。

ハンドルノブへのベアリング追加

ノーマルの状態では、ハンドルノブの根本側にプラスチックカラーが付いていますので、これをベアリングへ変更することが可能です。

対象ベアリングは一般的な740サイズになりますので、交換やその他のリールでも活用できるため、まとめ買いがおすすめです。

ヘッジホッグスタジオからもスコーピオンMD適用ベアリングが発売されていますので、こちらを活用するのも良いでしょう。

まとめ

スコーピオンMDはこれまで最適なリールがない範囲を確実にカバーすることができます。
シーバスともなんの不安もなくファイトすることもできますし、もちろんバス釣りシーンにおいても、おかっぱり遠投では遺憾無くその性能を発揮することができます。

タイトルとURLをコピーしました